佐藤長明 Nagaaki Sato

diving service GruntSculpin 代表

1969年、宮城県南三陸町生まれ。23歳でスキューバダイビングと出会い、翌年から水中写真を始める。2000年にダイビングサービスグラントスカルピンを設立。親潮の恵みを受ける宮城県南三陸町志津川湾の海を広く国内に紹介。自ら撮影するクオリティの高い写真によって、生態観察と撮影の楽しさを広めている北の海の伝道師。東日本大震災により2011年から北海道函館で活動を開始する。震災から8年を経た2018年、宮城・南三陸志津川湾でも活動を再開する。

Official Web Site
公式Facebook


南三陸と北海道・函館を拠点に、北の海の魅力を紹介している佐藤長明さんは、Nauticamの日本国内販売がスタートしたときからテストカメラマンとして関わってきた1人。自らもコンバージョンレンズを駆使して、貴重な生態やアート作品のようなマクロ写真を発表しています。

カメラをそのまま操作しているような感覚

一番評価しているのは、ゆるぎない操作性です。その細やかさには本当に驚きます。多くのパーツを組み立てて操作性能を上げる構造は、それまでのハウジングにはなかったもので、水中という特別な環境下でも、指に馴染む。ボタンが確実に押せる。フィット感がある。ハウジングに入れて操作しているのに、カメラ本体をそのまま水の中で扱っているような感覚で撮影ができます。

企業努力を感じる10年間の進化

10年以上Nauticamハウジングを使っていますが、新機種が出るたびに新しい装備が加わっていたり、操作性を向上させる工夫が施されています。企業努力を感じますね。とくに、ハウジングの水没を予防できる「NA バキュームリークセンサー」は画期的でした。ほかにも光ファイバーシステムの工夫や細かなボタン操作など、細かな進化はあげたらきりがないほどです。当初は「重い」と評されたボディも、素材や肉厚の工夫で軽量化が図られたようで、最新機種は他社製品と比べて際立って重いということはありません。

1度使ったらやめられない”悪魔のレンズ”

Nauticam社は、ハウジングだけでなくレンズ開発にも秀でています。
四隅まで歪みが出ないスーパーマクロコンバージョンレンズ(SMC-1、SMC-2)は衝撃でしたね。コンバージョンレンズは周囲が歪むため、フルサイズで撮影しても作品として使えるのは中央の部分だけでしたが、このレンズで撮影した写真は画面すべてが使える。しかもボケ味が美しい。他のレンズでは表現できない写真を撮ることができます。1度使ったら、もう元には戻れないレンズですよ。
レンズの設計を行っているNauticam社の社長は、創業後、イギリスとフロリダのレンズ設計専門機関で光学設計を学び、ここ数年、ワイドコンバージョンレンズやマクロコンバージョンレンズを次々に発売しています。中には、NA マクロワイドコンバージョンレンズ EMWLのように特殊で高額な製品もあります。一般ダイバー向けとは言えない製品ですが、あのレンズを使わなければ撮れない作品は、仕事として撮影する人間は惹かれますね。

ページの先頭へ

WORKS


日本に広く分布しているカサガイの仲間。この写真のカサガイは「ベッコウシロガイ」という種で、函館など寒冷なエリアに生息しています。普段は地味な貝ですが、繁殖時に興味深い行動をします。年に1度だけ、いや、年に30分だけ雌雄が立ち上がり放精と放卵を行うのです。写真はメスの放卵の様子です。


・ハウジング:NA D850
・カメラ:Nikon D850
・レンズ:Nikon AF-S VR Micro Nikkor 105mmF2.8G IF-ED


ミズダコは世界最大のタコで別名「デビルフィッシュ」とも呼ばれます。足を広げるとそのサイズは5mにも達します。しかし、そんな巨大ダコも小さいころは非常にかわいく、そして美しい姿をしています。写真は体長3cmほどの稚ダコの吸盤です。透明感が強く、そこにさまざまな色素が透けて現れています。倍率4倍の外付けレンズあっての写真です。


・ハウジング:NA D850
・カメラ:Nikon D850
・レンズ:Nikon AF-S VR Micro Nikkor 105mmF2.8G IF-ED

スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-2使用


「流氷の天使」の名で知られるクリオネです。かわいらしいのですが実は手強い被写体です。大きさは1.5cm程度。しかも、上下左右自在に泳ぎ回るため理想とする瞬間を収めることは困難です。
この写真は被写界深度が深く画角130度のレンズを使用して、少し遠目の距離から被写体を捉え、徐々に理想の画角に近づきシャッターを切っています。その間、オートフォーカスで追い続けられるパフォーマンスがあってこそ撮影できた1枚です。


・ハウジング:NA D850
・カメラ:Nikon D850
・レンズ:Nikon AF-S VR Micro Nikkor 105mmF2.8G IF-ED

NA マクロワイドコンバージョンレンズ EMWL オブジェクトレンズ130°使用

ページの先頭へ

MATERIALS

佐藤長明さん愛用Nauticam

NA D850 for Nikon D850

現在の愛機はNA D850。写真はマクロ撮影仕様。レンズは60mmもしくは105mmを愛用

ハウジング NA D850 ¥448,000
ポート NAマクロポート N60G ¥46,800
オプション NA スーパービューファインダー45 II  ¥138,000
  NA バキュームバルブII M16 ¥28,000
合計   ¥660,800
(税込¥726,880)
*レンズは、Nikon AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
*105mm(AF-S VR Micro-Nikkor 105mm F2.8G IF-ED)撮影時は、NAマクロポートN105VRを使用

NA スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-1、SMC-2

100mmクラスのマクロレンズを使用して最短距離で撮影した場合、「4倍撮影」が可能となるレンズSMC-2は佐藤長明さんの作風には欠かすことのできない1本

レンズ NA スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-2 ¥118,000
(税込¥129,800)
  NA スーパーマクロコンバージョンレンズ SMC-1 ¥59,800
(税込¥65,780)

NA マクロワイドコンバージョンレンズ MWL-1

60mmクラスのマクロレンズに取り付けると、約115〜150度の超ワイド撮影が可能に。カメラ1台でマクロもワイドも撮影できるようになる魔法のようなレンズ。これまでになかったような「ワイドマクロ表現」も可能

レンズ NA マクロワイドコンバージョンレンズ MWL-1 ¥258,000
(税込¥283,800)

NA ワイドアングルコンバージョンポートx0.36

28mmレンズで0.36倍(約130度相当)の超ワイド撮影を可能にするコンバージョンレンズ付きドームポート

レンズ NA ワイドアングルコンバージョンポートX0.36 ¥548,000
(税込¥602,800)

写真は、浮力調整用のフロート(付属品)を装着した状態

ページの先頭へ